EduPet

2018年02月号

百聞は一見にしかず・・・

2018年02月19日 13:08 by K-Tamaki

 やはり百聞は一見にしかず、ここは動画でご覧いただくのが一番ですね。

(しかし、記者はどうもIT音痴のようで・・・お恥ずかしながら動画の挿入が上手くいきません。)

そこで、別途FC2に動画をアップして写真にリンクを貼りましたので、写真をクリックしてご覧ください。

まずは、頭、背中などを撫でると喜ぶアイボ。

じだんだを踏んで喜んでいますね。

次は、鳴き声、スタッフさんが「お手」と声をかけていますが・・・何かを訴えているような感じです。

 そして・・・あまりにひつこく「お手」をさせようとするものだから、嫌がってお尻を向けられてしまうシーンです。記者はどうも嫌われてしまったのか・・・これもAIのなせる業ではあると思うのですが・・・残念。

見事にそっぽを向かれています。。。。

 いかがですか?未来のペットと言われるアイボですが、もしかしたらこんな形の発展も!?

貴方の愛犬の癖や好みをAIでプログラミング、そして愛犬そっくりの被り物を着せれば・・・もちろん耳の形や体の大きさもオーダーメイドで作れば、ペットロスの最上の治療薬、貴方の亡くなった愛犬が蘇り永遠の命を得る!、なんてことも近未来では可能になるかもしれませんね。

最後に、おまけで、

ハイタッチ、伏せの仕草はこちらをクリック→AIBO ハイタッチ

これを観ると・・・アイボは人を選ぶ、記者のときとは大違いです。どうも嫌われてしまったか??少し落ち込んだ気分でアイボのふれあいスペースを後にした記者でした。

 

 

関連記事

動物愛護法改正の現状

2018年12月号

保護犬・保護猫について

2018年12月号

あとがき

2018年12月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号

今年は5年に一度の動物愛護法改正の年です。秋の臨時国会で審議(?)と言われ...

2018年11月号

個人でペット関連の業務を営んでいる方、店舗ではその代表者が年に一度受講する...

2018年10月号

大阪北部地震、西日本豪雨、台風被害、そして北海道の地震と今年は本当に災害の...