EduPet

2018年09月号

豆柴カフェは今!?

2018年09月11日 21:32 by K-Tamaki

以前にも記事にした、豆柴カフェ。本誌は、基本ペット雑誌ですので、ここは外せません。

まずは、店員さんに聞いてみました。

記者:(現状の)お客さんの入り具合はどうですか?

店員さん:土日、祭日は早くて15分、長いと1時間待ちになります。平日なら少し空いていますので、待ち時間なしで入れます。

どうやら、風評被害とは無縁で繁昌しているようで・・・記者は同日(土曜日)午後1時くらいに訪れたのですが、一人ということで入場待ちのグループの最後に加えてもらえました。そして、カフェでの滞在できる時間は、前と同じ30分でした(混雑していなければ無制限とのこと)。

新しい子もいますね。

1歳から6歳くらいまでの子が中心とのことです。合計12頭くらいの豆柴ちゃんが思い思いに遊んだり、客さんと戯れています。

入場して納得しました。休日のせいか、カフェの来場者は、カップル、家族ずれ、中高生等地元の方々が多いようです。風評被害などは関係なしで混んでいる訳ですね。こちらは、まだまだ人気のようで、平日の訪問をお勧めします。

もちろん、隣のハリネズミカフェ、同館3階のフクロウの森、さらにはヒョウ猫の森も訪れてきました。

相変わらず、元気に動き回っていたのはこの子のみ、他のハリネズミちゃんたちはオヤスミ中でした。

フクロウの森では、ノエルさん(右)と再会。

この白フクロウは、新しい仲間ですね。

そして、ヒョウ猫の森でも、ボス猫と言われているレオ君と再会できました。

相変わらず、お元気そうで・・・

ヒョウ猫の森も休日とあってか、家族ずれが多かったですね。

やはり、動物の癒しの力は偉大ですね。

 

 

 

関連記事

ペット災害危機管理士認定講座概要~どんな内容!?

2018年10月号

4級(自助)~普段から準備できること

2018年10月号

次は、3級(公助)~安全に避難でき、心身ともに安定した避難生活を考える

2018年10月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号

大阪北部地震、西日本豪雨、台風被害、そして北海道の地震と今年は本当に災害の...

2018年08月号 vol.56

3月号でも標題の記事をお届けしましたが、その後も日本経済に影響を及ぼす要因...

2018年07月号 vol.2

このシリーズ最後は、ペット保険のアニコムです。総会会場には、会社関係者が多...