EduPet

2019年10月号

最後に、

2019年10月21日 11:08 by K-Tamaki

講習の最後に簡単な試験(確認)問題があります。

いつものことながら、記者は思います。畜産業、動物病院からペットショップ、ブリーダーまで動物取扱責任者と言っても実務内容は様々、それをすべて同時にこのような研修内容でいいのか?と。これも動物愛護相談センター等関係者に問いただしてみたいところですが・・・

では、最後に確認テストとその回答についてです。講義を聞いていなくとも一般常識で正解できると思いますが、興味ある方はトライしてみてください。

問1 ペット販売に関わる相談と解説について、誤っているものにXを付けましょう。

①消費者生活相談データベースによると、ペット販売に関わる相談件数は2009年以降で年間千件を下回ったことはない。

②販売業者は、健康上の問題が認められた動物を販売してはならない。

③販売業者は、購入者に対してその動物を直接見せ、対面にて法令で定められた情報を説明しなければならない。

④動物愛護管理法では、動物の所有者に対する終生飼養の規定はない。

 

問2 ペットサービスに関わる相談と解説について、誤っているものにXをつけましょう。

①消費者生活相談データベースによると、2018年のペットサービスに関わる相談件数は2009年と比べて増えている。

②トリミングやペットホテルでは、健康状態の事前の確認や契約内容の説明等がトラブルを避けるために大切である。

③展示業者は、展示動物による人への危害の発生を防止する必要はない。

④訓練業では、約束できることと、できないことを明確に説明した契約書を作り、双方合意の上で契約することが、トラブルを避けるためには大切である。

 

回答は↓

 

この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

フィトセラピー(植物療法)とは?~基本的な考え方、その効果は?

2019年12月号 vol.1

ハーブ、効果的な使い方は?、猫ちゃんには使えない??

2019年12月号 vol.1

最後にシッターさんにも役立つ使い方と症例など・・

2019年12月号 vol.1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.1

ハーブと言うと、まず思い浮かぶのはハーブティー、そしてハーブを使ったアロマ...

2019年09月号

東京都の本年度の動物取扱責任者研修では、消費者センターへのペットに係る相談...

2019年08月号

犬のヘルニアを注射1本で治す!、大日本住友製薬の子会社DSファーマアニマル...