EduPet

2020年05月号

アニコム~StayAnicom プロジェクト

2020年05月16日 17:23 by K-Tamaki

 アニコム、コロナ感染症に罹患した方のためのペットの預かり、訪問でのお世話の代行を開始したようです。

特筆すべきところは、アニコムのペット保険に未加入の方でも利用可能、ということです。但し、申込みはネットを通じてのみ可、となっているところは留意すべきです。そして、対象となる地域は、現在は東京近郊のみですが、今後の拡大展開も検討しているとのことです。

URLはこちらを→ StayAnicom Projet

このページの「ペット預かり希望者用フォーム」から申し込みできるようです。

この方が社長の小森氏(前年株主総会資料より抜粋)。素晴らしい取り組みだと思います。全国展開は、費用の面でもかなりの負担があるかと考えますが、是非頑張って欲しいものです。

そしてアニコム、5/12に決算発表をおこないました。以下に概略をお届けします。

年度        売上    経常利益  当期利益 (億円)

2019                358               23              16

2020(予想)       424            23     16

2020(実績)          415             22              15

2021(予想)       456            29              21

3月に業績見込みをヒアリングした時点では、影響は軽微とのことでしたが、やはり若干、業績は下振れしたようですね。しかし、来期(2021年3月期)は増収・増益の予想を開示しています。5/15日付け日経新聞によれば、第4四半期は上場企業(新興・親子上場を除く)の4社に1社が赤字、そして来期は約6割の企業が業績見込みを開示できない状況のなか、アニコムは増収・増益を継続できる予想です。株価は、この発表を好感し年初来高値、4,590円まで駆け上がりました。(15日の終値は、4,555円)

コロナの影響が予想できず、多くの企業が業績見込みを開示できない中、(赤字でも開示できればたいしたものともいえるなか)増収・増益を維持できていること、そして社会貢献(ESG投資)の観点からも今回の取り組みは、十分評価できるでしょう。(これは蛇足かもしれませんが)株価は高値圏にあり今すぐ買うべきではありませんが、今後も投資対象として見逃せない会社でしょう。

 

関連記事

アビガンその後・・・

2020年05月号

コロナへの対応策と業績への影響について

2020年04月号

アビガン、世界の救世主となるか!?

2020年04月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年04月号

前月号の続編としてお届けします。コロナ蔓延に際しての社内外への取り組み及び...

2020年03月号 vol.3

第三弾は、前回記載しましたDSファーマアニマルヘルスの親会社である大日本住...

2020年03月号 vol.2

前号に続き、今回は電話にてIR担当へ問い合わせを行いました。アニコム、アイ...