EduPet

2021年12月号

ペットのためにワクチンを

2021年12月20日 10:05 by K-Tamaki
2021年12月20日 10:05 by K-Tamaki

私たちの身近にあるのは、なんといっても狂犬病ワクチン。ところが、KMバイオロジクスのHpを閲覧すると、ペットのための製品はこれしかみあたりません。

Hpはこちら->KM 犬猫用製剤

 主力は、鶏、豚、牛、馬などの家畜用ワクチンと抗菌剤などのようです。もちろん、豚などをペットにしている人も中にはいますが。

同社は、10月4日のプレスリリースで来年4月に同じ明治グループ傘下のMeiji Seika ファルマと事業統合を行い、動物の感染症領域へ経営資源を集中することで国内外の動物用ワクチンと抗菌薬のトッププレーヤーを目指すと発表していました。

そこで、今後の展開(特にペット用としての)について広報課へ問い合わせをしてみました。(以下、要約)

記者:御社の犬猫用狂犬病ワクチンの市場シェアはどれくらいですか?

広報:今、手元に資料がありませんが、基本的に非公表です(ワクチンなどは企業秘密が多く非公表との回答が多いようです)

記者:今回の事業統合で。今後ペット関連の製品・製剤への事業展開は考えていますか?例えば、ペット用5種混合ワクチンなどは?

広報:今後の予定は未定ですが、現状の流れを踏襲してすすめていくことになります。5種混合などは考えておりません。

プレスリリースのよれば、同社は鶏のワクチン、Meijiは牛・豚の抗菌剤や消毒薬を得意領域としているとのことです。どうやら、ペット関連の製品開発などは行わず、あくまで家畜用専門のようですね。

 

関連記事

まずは概況から~金融リセット、世界恐慌は起きるのか??

2023年01月号

ペット関連株 個別コメント その1

2023年01月号

ペット関連株 個別コメント その2

2023年01月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2023年01月号

本年もよろしくお願い致します。年始第一弾は昨年と同じくペット関連企業への株式投…

2022年12月号

10月号で取り上げたこのテーマ、そのきっかけとなった東京農工大学農学部付属 感…

2022年11月号 vol.2

本誌で取り上げているペット関連企業、先週で中間決算が出そろいましたので今回はそ…