EduPet

2022年02月号

新規参入したカクヤスは!?

2022年02月26日 12:37 by K-Tamaki
2022年02月26日 12:37 by K-Tamaki

”カクヤス”というと何でも安い!、社名からそんな想像をしますが、由来は異なるようです。(昨年9月号参照)

ペット用品の販売に新規参入した同社、新規ゆえに販売価格を抑えてはどうか?、と言う提案も含めて問い合わせをしてみました。

問)決算資料を拝見しますと売上原価は宅配事業の好調により素利益率改善とされていますが、現状、原油や物流コスト等の上昇により今後の仕入れ原価等の上昇が予想されます。多くは製品販売価格の値上げで対応しておりますが、当社としてはその影響をどのように予測し対応策を考えているのでしょうか?差し障りない範囲でご教示ください。

回答)ご指摘の通り、昨今原油などエネルギー価格の上昇の影響もあり、世界的な物価上昇が続いております。 この流れは当社仕入先におきましても予想されますので、今後他社の動向を見つつも販売価格への転嫁等も踏まえ検討していく所存でございます。

他社動向追随型ですね。その意味でも前章でユニチャームが小幅値上げとの回答ですから同社も値上げするにしても小幅でしょう。

問)9月より参入したペット関連用品のその後の宅配売上げの伸びはいかがでしょうか?四半期を経過したばかりで構成比としてはそれほど大きくないことは予想できますが、現状をご教示ください。

回答)ご考察の通り、サービス開始後間もない為、売上への影響はいまだ軽微であり、 売上構成に影響を与えるほどの実績には至っておりません。 元々当社サービスをご利用頂いていたお客様がこれまでのご注文にプラスしてご注文頂いており、 その多くがリピーターとなって頂いている傾向にあり、配達の需要は確実に捉えているようです。 また、昨年9月より首都圏全店舗でのペット関連用品の即日配送サービスを開始しております。現状、即日配送での取扱い商品数は約200点となりました) 当社のペット用品の取扱いに関しましては、まだまだ認知が不足していると考えておりますので、 当面の施策としましては当社サービスを知って頂くべく、 引き続き各種広告宣伝を活用し、認知拡大、販売促進に注力していく所存でございます。

これは、予想通りです。そこで、次の質問で価格据え置き、いや一歩進んで値引きを提案してみました。

問)同様にペット関連の販売に関してですが、現状、各製品の値上げはペットフードなどにも影響が出始めています。また、昨年末にかけて米国などで見られた商品の品薄状態が日本でも見られるようになったと聞いております。

そこで、提案ですが、まだ売上構成比が大きくないと予想されるペット関連にかんしては今後も値上げせず、(むしろセット販売割引などの対象品目をひろげるなど)品揃えを強化して継続していけば、差別化が計れ同分野の売上げ伸長に寄与するのではないかと考えております。素人考えとは存じますが、本件にかんするお 考えをお聞かせ願えればと存じます。

回答)ご提案を頂き有難うございます。 認知拡大をしていく上で、先ずもっての価格戦略という事はありえるかと思われます。 ただ、我々としては、価格以上の価値(付加価値:お届けでの差別化)を追求していくことを戦略の軸にしておりますので、 まずはお客様のニーズの把握、品揃えの強化、当社お届けサービスの向上等を優先事項とし進めていく所存でございます。

既存顧客のプラス注文が主、いわばついでに注文(売上への影響軽微)だからこそ価格据え置きなら口コミで伝わるのでは!?と思ったのですが、果たして・・・

最後に、これはおまけで以前に提案した災害備蓄用に地方自治体へのペット用品提供の件についても聞いてみました。

問)昨年9/14付けで提案させて頂きました自治体等への災害備蓄のためのペット関連用品提供の件、その後いかがあいなりましたでしょうか?コロナ禍の影響による本事業の立て直しが優先と理解はしておりますが、本件については今後も検討して頂ければと存じます。

回答)ご記載の通り、まずは現事業の建て直しを優先すべきと考えております。 オミクロン株による感染の再拡大を受け、本業への影響も長引いております。 前回よりお問い合わせ頂いたご提案に関しましては、今後も引き続き検討させて頂ければと存じます。

そうでしょうね。。今、本業が大変なのでしょうが、引き続き検討との回答なので期待しましょう。

以上が同社からの回答ですが、記者は100株のいわば弱小株主、それでも丁寧でなかなか好感の持てる回答だと感じました。

とにかく、何でもかんでも値上げ・・・本当に先が思いやられますが、同社には(由来は違えど)ペット用品は格安でお願いしたいものですね。

関連記事

アニコムの目指すもの~社長さんからのメッセージまとめ

2022年07月号

アニコムの目指すもの~質疑応答編

2022年07月号

アニコムの株価・・今後はどうなる?

2022年07月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年07月号

アニコムの総会、例年通り参加者は15名ほどでしたが、今年は少し趣向を変えて議事…

2022年06月号

株主総会シーズンです。日本動物高度医療センターの総会へ今年も参加してきました。…

2022年05月号

恒例となっております株主総会の季節、5月は2月決算の企業(主に小売業)の総会が…