EduPet

2019年10月号

記事タイトル一覧

まずは、動物愛護法の改正点について

研修実施に先立ち、東京都動物愛護相談センターの職員から本年6月に改正された動愛法の説明がありました。私達、一般飼い主に関係のある改正点としては、①生後56日(8週)を経過しない犬又は猫の販売等を制限、②犬猫の販売場所を事業所に限定、③マイクロチップ装着を...

K-Tamaki K-Tamaki

消費生活センターの役割等について

研修で説明のあった同センターの主な仕事は、衣食住等消費生活全般に関する商品・サービスへの苦情や相談について、問題解決の支援を行うことです。つまり、相談者の要望と事業者の主張を調整して、話し合いにおる問題解決をめざすということです。その際には、子犬を購入し...

K-Tamaki K-Tamaki

相談事例~続編 この場合はどうなる?

では、研修で紹介された消費者生活センターへの相談事例を追加でみてみましょう。1.インターネットサイトを通じて見つけたブリーダーから、子犬を2匹購入した。ブリーダーが遠方だったので、最寄りの空港で引き渡しを受けた。数日して下痢や咳などの症状が出たので、数日...

K-Tamaki K-Tamaki

最後に、

講習の最後に簡単な試験(確認)問題があります。いつものことながら、記者は思います。畜産業、動物病院からペットショップ、ブリーダーまで動物取扱責任者と言っても実務内容は様々、それをすべて同時にこのような研修内容でいいのか?と。これも動物愛護相談センター等関...

K-Tamaki K-Tamaki

バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.1

ハーブと言うと、まず思い浮かぶのはハーブティー、そしてハーブを使ったアロマ...

2019年09月号

東京都の本年度の動物取扱責任者研修では、消費者センターへのペットに係る相談...

2019年08月号

犬のヘルニアを注射1本で治す!、大日本住友製薬の子会社DSファーマアニマル...