EduPet

2018年04月号

記事タイトル一覧

倉敷美観地区の豆柴カフェ、さっそく入ってみました!

ここが入場口、1階は土産物の販売所になっており、その奥にカフェへの入口がありました(記者は、最初、土産物屋だけと思い通り過ぎてしまいました。この入場口、ちょっとわかりにくいかもしれませんね)。ちなみに、2階にもチケット売り場があります。2階の入り口を通り...

K-Tamaki K-Tamaki

愛犬家の視点から、そして動物取扱責任者の視点から・・・

見渡すと、ワンちゃん同士もコミュニケーションはとっているようですね。人慣れもしていますし、"犬の社会化"と言う点では及第点だと感じました。しかし、ペットシッターの資格を持ち、自らも動物取扱責任者研修も受講している記者には、どうしても豆柴ちゃんたちの置かれ...

K-Tamaki K-Tamaki

ハリネズミ、フクロウの森も・・・

豆柴カフェの入口横には、ハリネズミの森があります。テーブルが3つ。それぞれにハリネズミ君がいますね。しかし、ほとんど・・・いや全部(!?)の子が丸まってオヤスミ状態。ハリネズミは夜行性のため、朝早くか夕方は活発に活動しているそうですが・・・と、いました!...

K-Tamaki K-Tamaki

最後は、ヒョウ猫(ベンガル)の森へ・・・

こちらも、土産コーナーの奥に入口があります。豆柴カフェと同様に、説明を受け、手の消毒を済ませるといよいよ、猫ちゃんだらけのスペースへ。こちらは、豆柴カフェより先にオープンしているせいか、落ち着いた雰囲気ですね。時間は、混雑した場合は(豆柴カフェと同じく)...

K-Tamaki K-Tamaki

あとがき

いかがでしたか!?豆柴カフェからヒョウ猫の森まで、すべて倉敷美観地区にあります。数時間で見て回れます。しかも、全て回ると入場料は2割引き(豆柴カフェ¥780-¥624、ハリネズミの森¥580-¥464、フクロウの森¥680-¥544、ヒョウ猫の森¥780...

K-Tamaki K-Tamaki

バックナンバー(もっと見る)

2018年03月号 vol.50

1月号で標題の記事をお届けしましたが、今月は急遽、フォローアップ記事として...

2018年02月号

昨年発売されたソニーのアイボ、即完売の人気ぶりのようです。新しいアイボは、...

2018年01月号

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い...