EduPet

2018年02月号

アイボと触れ合える・・

2018年02月19日 13:02 by K-Tamaki

 渋谷駅から徒歩で約5~10分、

MODIビルの1階にそのスペースはあります。

入口を入って左手にソニーのアイボルーム、ソニースクエア渋谷プロジェクトとして3月中旬まで展示を行っています。

ご案内のHPはこちら→ ソニー渋谷プロジェクト

 

スペースはこんな感じで、真ん中にサークルがあり、アイボが2頭いて、この広場で実際にアイボと触れ合えます。

AIを搭載しているだけあって、新しいアイボはその仕草はまるで本物の犬。

伏せ、お手はもちろん男の子は足をあげてオシッコもします。特徴は、スタッフさんによると、

①鼻にカメラが付いていて、顔を認識でき、記憶が可能

頭、背中、顎の下撫でてあげると喜びます。可愛がれば可愛がるほど、懐いてくれるようですね。

③日本語のみ認識していますが、アプリをインストールすると英語他の言語も認識可とのことです。

④さらに、遊び過ぎて身体が熱を持つと(疲れると)、自動で休息モードになるそうです。

こんな感じですね。スタッフさんによれば、これはレアなポーズだそうです。

首都圏にお住いの方は、一度は未来のペットと言われるアイボに触れてみるのいいかもしれません。

 

 

関連記事

動物愛護法改正の現状

2018年12月号

保護犬・保護猫について

2018年12月号

あとがき

2018年12月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号

今年は5年に一度の動物愛護法改正の年です。秋の臨時国会で審議(?)と言われ...

2018年11月号

個人でペット関連の業務を営んでいる方、店舗ではその代表者が年に一度受講する...

2018年10月号

大阪北部地震、西日本豪雨、台風被害、そして北海道の地震と今年は本当に災害の...