EduPet

2018年10月号

最後に、

2018年10月16日 13:51 by K-Tamaki

いかがでしたでしょうか?

この講座は認定講座であるため、最後の認定試験については、あえて触れないようにしました。しかし、講義内容の要点は記者のメモ要約から十分に理解して頂けると考えています。ちなみに、試験は選択式で15問、7割以上の正解で合格となるようです。

そして、受講の感想ですが、やはりペットの災害対策は、その被害想定もなく国・自治体としては、(ペットは家族と謳うわりには)まだまだ後手にまわっていると言わざるをえません。やはり、ペットを守れるのは私達、飼い主自身の努力・事前準備が大切ですね。そのためにも、この講習、指導者を目指すとまでは行かなくとも、少なくとも3級までは受講しておくときっと役に立つでしょう。特に、グループ演習は、勉強になる点が多いと感じます。前述した通り、残念ながら開催は東京のみ、しかも定員は少数です。受講者の中から、講師を目指す方が増えて各地方でも開催ができ、その地にあったペット対応の防災対策ができれば、一歩ずつでも前に進んでいけるでしょう(自分が講師になれるか、なるかは別として)。

最後に、この講座の卒業生で1級まで取得された方が販売している防災グッズを紹介して終わりたいと思います。

 

 

写真は、会場にあったカタログの1ページです。

サイトはこちら→珠さんの防災リュック

参考にしてみてください。尚、記者が今後2級―1級と取得できた場合には、またその体験談等をお知らせしたいと思います。

それでは、また次号で。

 

記者 玉城 和幸

関連記事

ペット災害危機管理士認定講座概要~どんな内容!?

2018年10月号

4級(自助)~普段から準備できること

2018年10月号

次は、3級(公助)~安全に避難でき、心身ともに安定した避難生活を考える

2018年10月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年09月号

西日本豪雨、台風、そして北海道地震と災害が次々と襲いくる日本列島、まずは、...

2018年08月号 vol.56

3月号でも標題の記事をお届けしましたが、その後も日本経済に影響を及ぼす要因...

2018年07月号 vol.2

このシリーズ最後は、ペット保険のアニコムです。総会会場には、会社関係者が多...